HOME > 正規表現, はじめに > 正規表現の基礎

正規表現の基礎

正規表現とは、文字列のパターンを特殊な記号で表現したものです。
文字列の中に特定のパターンの文字列があるかどうか検索したり、文字列が特定の
フォーマットに合致しているかどうかを調べるとき使います。

正規表現で使われる特殊な文字(メタ文字):
. 任意の一文字
^ 先頭
$ 末尾
[] []の中のどれか。[abc]と書くと、aかbかcのどれか。
* 直前の文字が0回以上
+ 直前の文字が1回以上
? 直前の文字が0回または1回
| または
() 括弧内が一つの正規表現のグループになる
{j,k} j文字以上、k文字以下。{k,}は、k文字以上、{k}は、k文字を示す。
\(半角) メタ文字を特殊な文字として扱わないようにする(例:\$と書くと末尾の意味が無くなり、文字列$として扱う)

正規表現の例:

  • [0-9] : 数字
  • [^0-9] : 数字以外
  • [a-zA-Z] : 小文字、大文字のアルファベット
  • ^[0-9]{3}\-[0-9]{4}$ : 郵便番号
ブックマーク登録: add to hatena hatena.comment 0 user add to del.icio.us 0 user add to livedoor.clip 0 user
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 4 out of 5)
Loading ... Loading ...
『WEBサイト制作者に役立つメルマガ』発行!